23日、新作オープンワールドARPG『鳴潮』がPC/iOS/Android向けに公式サービスを開始。そんな中で発生したバグが話題を呼んでいる。

テクスチャー崩壊バグが発生

 リリースして間もないゲームにはバグがつきもの、同作も現在多数のバグが確認されている。というのもオープンワールド作品の場合、プレイヤーの使用機器のパワー不足だったり、作品自体の適合不足などにより、リリース直後はバグが頻発するケースも少なくない。

キャラクターの体部分のテクスチャーが崩壊していたり、映像の中で体や洋服が荒ぶってしまったりと、言ってしまえば「あるある」なバグが発生していたようだ。

お詫び10連ガチャを配布

 『鳴潮』は24日、致命的なバグは無かったのにも関わらず、これらのバグの発生について謝罪。お詫びとして公式から全ユーザーに10連ガチャを引くことの出来る石を配布していた。

 これに対しSNS上では「運営まじナイス!」「対応早すぎ」「もっとくれ」などといったファンからの声が寄せられている。

おすすめの記事