芸能事務所ワタナベエンターテインメントは14日、俳優久我美子(くが・よしこ)さん(本名・小野田美子)が誤嚥(ごえん)性肺炎により、9日に死去したことを発表した。93歳。通夜、告別式はすでに執り行われた。

久我さんは、1946年、女子学習院(女学校課程)在学中、第一期東宝ニューフェイスに合格。翌年には女子学習院を中退し、「四つの恋の物語」で映画デビューを果たした。1954年、木下惠介の「女の園」の撮影中、久我と岸惠子は「女だけのプロダクションをつくろう」と意気投合。同年4月16日、有馬稲子を加え「文芸プロダクションにんじんくらぶ」を設立。1961年、平田昭彦と結婚。1969年より約1年間、「3時のあなた」の司会を務めるなど、1970年代以降はテレビ、ドラマ、舞台を中心に活躍。

1989年、映画「ゴジラVSビオランテ」では亡き夫・平田の遺志を受け継いで女性官房長官役で出演した。

◆久我美子(くが・よしこ)、本名小野田美子(おのだはるこ)。1931年(昭6)1月21日、東京都新宿区出身。1947年(昭22)「四つの恋の物語」で映画デビューを果たす。1961年(昭36)に平田昭彦と結婚。NHK大河ドラマ「勝海舟」などにも出演した。

おすすめの記事